のりしお(乗り出せ! 塩尻関係人口ポータル)

塩尻市でおこなわれているイベントやプロジェクトの情報を1か所でまとめて入手できるポータルサイトです。 市内外の誰でも参加できる、塩尻を「まなぶ」、塩尻に「かかわる」、塩尻で「はたらく」の3カテゴリーに関する情報をご紹介していきます。

のりしお(乗り出せ! 塩尻関係人口ポータル)

塩尻市でおこなわれているイベントやプロジェクトの情報を1か所でまとめて入手できるポータルサイトです。 市内外の誰でも参加できる、塩尻を「まなぶ」、塩尻に「かかわる」、塩尻で「はたらく」の3カテゴリーに関する情報をご紹介していきます。

リンク

マガジン

  • はたらく

    塩尻市では、市内の企業や団体で副業ができるプロジェクトをおこなっています。リモートワーク主体なので、市外に住む方でもご参加いただけます。

  • 今月のピックアップ

    編集部が気になった1カ月のニュースや、noteに載せきれなかったイベントをTwitterからピックアップしてご紹介します。

  • 塩尻アーティスト・イン・レジデンス特集

    ANAによるアートプロジェクトANA meets ART "COM"の一環として、2020年より行われている塩尻アーティスト・イン・レジデンス(塩尻AIR)。この特集記事では、2021年、塩尻に滞在しながら制作活動やリサーチ活動を行った4人のアーティストと地域の関係者にインタビューを行い、アート×地域の未来の関係性を探りました。

  • まなぶ

    塩尻市では、地域創生について学んだり、地域課題の解決を考えたりする、さまざまなイベントやセミナーなどを開催しています。スキルアップを図れる上、塩尻のことをより深く知ることができます。オンラインで参加できるものも多いので、ぜひのぞいてみてください。

  • のりしおな人

    塩尻で活躍する人、塩尻に住んでいないけれども、関係人口として塩尻で活動している人をクローズアップします。

はたらく

塩尻市では、市内の企業や団体で副業ができるプロジェクトをおこなっています。リモートワーク主体なので、市外に住む方でもご参加いただけます。

すべて見る

【5つのテーマで副業・プロボノ募集】オンライン×リアルで地域のパートナーに。

こんにちは、のりしお編集部・上田です。 塩尻市の地域プレーヤーとタッグを組んで、3ヶ月間のプロジェクトに参画してくださる“副業人材”の募集が始まりました! 副業で取り組んでいただくテーマは5つ。 ①Wine to meet you!求む、塩尻ワインファンを増やすパートナー ②塩尻の地域資源を活用した地域に愛されるスポーツイベント企画 ③『親がご機嫌だと、子どもが嬉しい』〜子育てにベビーシッターという選択肢を〜 ④売木村と都市をつなぐ-仕事と暮らしの拠点-づくり ⑤地域課

スキ
10

塩尻で複業にチャレンジ!~#複活 プロジェクト~エントリー締め切り9/22迄!!

こんにちは、のりしお編集部です。 今年で4年目を迎える経済産業省主催の地域複業マッチングプロジェクト#複活のエントリー締め切りが迫ってきました! 今年度は関東圏を中心とする7地域が参加、塩尻も4年連続で参加予定です。 エントリー締め切りは、2022年9月22日(木)です! 9月1日の説明会に参加できなかった方のために、簡易説明会が開催されます。ご検討中の方は、ぜひ参加してみてください! ▼簡易説明会のお申込はこちら: ▼塩尻での複業体験記はこちら:

スキ
2

【求人情報】社会を変える一歩を塩尻から~「働きたいけど、働けない」人たちが活躍する場をつくる~

こんにちは、のりしお編集部です。 塩尻市振興公社が運営するKADO(カドー)では、クライアント業務に関わるプロジェクトマネージャーを募集しています。 応募いただいた方の状況に応じて、正社員・契約社員・業務委託といった雇用形態が想定されています。 応募の締め切りは2022年9月13日まで。 ■募集概要と応募方法▼こちらの「日本仕事百貨」の求人サイトをご覧のうえご応募ください。 ■KADOとは?「働きたいけど、働けない」 子育てや介護で仕事量を減らさざるを得ない人、持病

スキ
5

【2022年9月1日(木)説明会開催】塩尻で新たなキャリア「複業」に一歩踏み出してみませんか?

こんにちは、のりしお編集部・上田です。 今年も #複活 始まります! #複活は、今年で4年目を迎える経済産業省 関東経済産業局主催の地域複業マッチングプロジェクトです。 塩尻はこれまで4年連続で参加しており、約25社の企業と40名の複業人材のマッチングが行われてきました。 #複活は、単なる業務委託マッチングではなく、経営者のビジョンや企業の課題に触れて、自身が出来ることを考え提案していくプロセスが特徴です。経営者に共感し、会社の業務ではなく個人として応援し、自分のバリュ

スキ
3

今月のピックアップ

編集部が気になった1カ月のニュースや、noteに載せきれなかったイベントをTwitterからピックアップしてご紹介します。

すべて見る

2022年9月 のりしお的今月のピックアップ

こんにちは、のりしお編集部です。 収穫の季節がやってきました!シャインマスカット、ナガノパープル、ナイヤガラ・・・市場には、目に鮮やかな色とりどりの葡萄が所狭しとならびます。9月も後半になると、いよいよワイン用葡萄の収穫もはじまります。 「のりしお的今月のピックアップ」では、今月1カ月の編集部が気になったニュースや、noteに載せきれなかったイベントをTwitterからピックアップしてご紹介します! 塩尻市立楢川小中学校が紹介されました今年度から小、中一貫教育の義務教育学

スキ
2

2022年8月 のりしお的今月のピックアップ

こんにちは、のりしお編集部です。 今年の8月はすっきりとした青空の広がる夏らしいお天気に恵まれました!お盆を過ぎたあたりからはめっきり涼しくなり、少しづつ秋の気配も漂いはじめています。 「のりしお的今月のピックアップ」では、今月1カ月の編集部が気になったニュースや、noteに載せきれなかったイベントをTwitterからピックアップしてご紹介します! 奈良井宿にて【DINING OUT】開催株式会社ONESTORYが主催する、期間限定のプレミアム野外レストラン「DINING

スキ
5

2022年7月 のりしお的今月のピックアップ

こんにちは、のりしお編集部です。 コロナで中止となっていた夏祭りが規模を縮小しながらも開催されました。響く竹笛の音色に、いよいよ夏がきた!のワクワク感が高まります。 「のりしお的今月のピックアップ」では、今月1カ月の編集部が気になったニュースや、noteに載せきれなかったイベントをTwitterからピックアップしてご紹介します! ミミ―商店で大古着マーケット開催!「商い人との出会い」の場、ミミ―商店にて、長野県の古着屋さん10店舗が大集結するイベントが開催されました!

スキ
4

2022年6月 のりしお的今月のピックアップ

こんにちは、のりしお編集部です。 梅雨も明け、いよいよ夏がはじまりますね!塩尻では青空の下、葡萄のツルがすくすくと育ってきています。 「のりしお的今月のピックアップ」では、今月1カ月の編集部が気になったニュースや、noteに載せきれなかったイベントをTwitterからピックアップしてご紹介します! 塩尻駅ホームのぶどう棚で誘引結束き作業ホームの葡萄もすくすく成長中! 3年ぶりに木曽漆器祭が開催されましたコロナ禍で2年連続中止となっていた木曽漆器祭が、奈良井宿、木曽平沢に

スキ
1

塩尻アーティスト・イン・レジデンス特集

ANAによるアートプロジェクトANA meets ART "COM"の一環として、2020年より行われている塩尻アーティスト・イン・レジデンス(塩尻AIR)。この特集記事では、2021年、塩尻に滞在しながら制作活動やリサーチ活動を行った4人のアーティストと地域の関係者にインタビューを行い、アート×地域の未来の関係性を探りました。

すべて見る

初めてのアートリサーチ/塩尻アーティスト・イン・レジデンス(長野県塩尻市)〜前編〜

2021年10月から2022年2月にかけて、副業人材として初めてアーティスト・イン・レジデンスのリサーチ業務を行なった。アーティスト・イン・レジデンスとは、アーティストが一定期間ある地域に滞在し、フィールドワークをもとにして作品制作やリサーチ活動を行う取り組みのこと。今回リサーチしたアーティスト・イン・レジデンスのまとめ記事がnoteで公開されたので、参加にいたる経緯を述べながら、その取り組みについて紹介したい。 初めての本格的な副業 お盆を過ぎてすでに秋めいた岩手県遠野市

スキ
5

塩尻アーティスト・イン・レジデンス特集マガジンができました!

こんにちは、のりしお編集部です。 アーティスト・イン・レジデンス(以下、AIR)は、アーティストが一定期間ある地域に滞在し、その土地の文化や歴史に触れたり、現地の人々と交流しながら制作活動やリサーチ活動を行う取組みです。 塩尻は、ANAによるアートプロジェクトANA meets ART "COM"におけるAIRの舞台に2020年度より選ばれています。 2021年度、塩尻AIR実行委員会は副業人材として2名のアートディレクターを採用し、塩尻AIRの持続可能な体制構築を目指し

スキ
5

塩尻で感じた「アジャイルさ」が新しかった。海外から参加したデザインリサーチ

塩尻は、ANAが手がけるアーティスト・イン・レジデンス(アーティストが滞在しながら作品を作るプログラム)の舞台に2020年度より選ばれています。アーティストが塩尻に一定期間滞在し、塩尻の文化や歴史、市民との交流などによって得られたインスピレーションをもとに、リサーチ活動や制作活動を行います。 2021年度、塩尻アーティスト・イン・レジデンス実行委員会において、アーティスト・イン・レジデンス(以下AIR)を持続させることを目指し、副業人材としてアートディレクターを募集。参加し

スキ
4

”外の人”と協働することで、想定していたよりずっと遠くまで行けることもある~持続可能なアーティストインレジデンス事業の構築~

こんにちは。のりしお編集部です。 地方では、地域課題の複雑化とその解決を担う人材の不足が叫ばれる一方で、都市部では、企業の副業解禁の流れに後押しされ「地方副業」に関心をもつ方が増えています。 この両者のニーズをマッチングすることで地域課題の解決を図ろうという取組みが、塩尻市で2020年にはじまった塩尻市・関係人口創出事業です。 他の自治体でも同様の取り組みは増えてきていますが、塩尻市の取り組みの大きな特徴は、課題解決だけでなく、課題を掘り起こし明確化していくプロセス自体

スキ
16

まなぶ

塩尻市では、地域創生について学んだり、地域課題の解決を考えたりする、さまざまなイベントやセミナーなどを開催しています。スキルアップを図れる上、塩尻のことをより深く知ることができます。オンラインで参加できるものも多いので、ぜひのぞいてみてください。

すべて見る

モノが売れること、モノを買うことについて考える(後編)‖大都会の百貨店よりど田舎の倉庫のが売り上げがいい理由#22_14

結論=モノが売れない!という時代にぼくたちはどうやってモノ売りをするのか?についての話を思いがけず二記事に分けて書いてみた。の後編です。 前編では「好奇心か必要性のどちからでしか動かない」=購買行動に繋がらないよね。じゃあ売り手ってどうするといいんだろうね?っていう話を後半では書いていこうかなぁと。 ↑最近はぼく自身が百貨店での出店をする中で「思ったより売れない!!」という課題の渦中にいるのです。笑 それに対してど田舎長野県奈良井宿のぼくたちの拠点である倉庫ではそこそこ

スキ
12

モノが売れること、モノを買うことについて考える(前編)‖好奇心か必要性のどちからでしか動かない#22_13

結論=モノが売れない!という時代にぼくたちはどうやってモノ売りをするのか?についての話をします。モノ売りを生業の一つとして実践している実体験を基に考察しておりますが、核心に触れているかどうかは、、不明です!笑 あらやだ奥さん。最近はモノが全然売れないって言うじゃない知ってる人も知らない人も、ここで逢ったが何かのご縁。知らぬなら知ってもらおう、たつみです。ぼくは長野県塩尻市の誰も知らないような宿場町の古旅館でシェアハウスを運営しております。空き家を再生して利活用する、といった

スキ
7

塩尻アーティスト・イン・レジデンス特集マガジンができました!

こんにちは、のりしお編集部です。 アーティスト・イン・レジデンス(以下、AIR)は、アーティストが一定期間ある地域に滞在し、その土地の文化や歴史に触れたり、現地の人々と交流しながら制作活動やリサーチ活動を行う取組みです。 塩尻は、ANAによるアートプロジェクトANA meets ART "COM"におけるAIRの舞台に2020年度より選ばれています。 2021年度、塩尻AIR実行委員会は副業人材として2名のアートディレクターを採用し、塩尻AIRの持続可能な体制構築を目指し

スキ
5

【2022年9月1日(木)説明会開催】塩尻で新たなキャリア「複業」に一歩踏み出してみませんか?

こんにちは、のりしお編集部・上田です。 今年も #複活 始まります! #複活は、今年で4年目を迎える経済産業省 関東経済産業局主催の地域複業マッチングプロジェクトです。 塩尻はこれまで4年連続で参加しており、約25社の企業と40名の複業人材のマッチングが行われてきました。 #複活は、単なる業務委託マッチングではなく、経営者のビジョンや企業の課題に触れて、自身が出来ることを考え提案していくプロセスが特徴です。経営者に共感し、会社の業務ではなく個人として応援し、自分のバリュ

スキ
3

のりしおな人

塩尻で活躍する人、塩尻に住んでいないけれども、関係人口として塩尻で活動している人をクローズアップします。

すべて見る

巻き込まれることを楽しんだ塩尻滞在。考える環境におかれて見えてきた、地域でやりたいこと。

クラウドファンディングを通して2022年3月に書籍「いっぽ」を出版した、東京大学在学中の早川芽生さん(以下、めいちゃん)。「“まちづくり”とはなんだろう?」という疑問から塩尻に辿り着き、滞在4ヶ月間の出会いや感じたことをまとめた体験記です。 「塩尻では、楽しくいろんなことに巻き込まれて、“体験のわらしべ長者”のような体験ができました。塩尻は、これからの人生でも迷った時に帰ってきたい場所です。」と話します。 現在は休学して、全国各地で“体験のわらしべ長者”をしているめいちゃ

スキ
10

塩尻で感じた「アジャイルさ」が新しかった。海外から参加したデザインリサーチ

塩尻は、ANAが手がけるアーティスト・イン・レジデンス(アーティストが滞在しながら作品を作るプログラム)の舞台に2020年度より選ばれています。アーティストが塩尻に一定期間滞在し、塩尻の文化や歴史、市民との交流などによって得られたインスピレーションをもとに、リサーチ活動や制作活動を行います。 2021年度、塩尻アーティスト・イン・レジデンス実行委員会において、アーティスト・イン・レジデンス(以下AIR)を持続させることを目指し、副業人材としてアートディレクターを募集。参加し

スキ
4

楽しさを見出し、挑戦の場をつくる秘訣は、地域への主体性

塩尻駅の改札を出て、東階段を降りた中二階の一角。2022年6月にワインバー「アイマニSHIOJIRI(以下アイマニ)」がオープンしました。 ぶどうの産地である塩尻が誇るワイナリーが醸した、こだわりワインを楽しめます。 店舗の工事設計をボランティアで担当したのは、JR東日本に務める西宮竜也さん。アイマニ事業者である地域ベンチャー企業と、オープンに向けて、会社の枠を超えた個人の活動として協働しました。 「会社としてではなく、自分ごととしてお手伝いした結果、店舗を形にできたことは

スキ
16

地域の事業プロデューサーが語る、地域副業のすすめ「リスクなく、教養や価値観を身に付けられる機会」

「のりしおな人」第6回に登場いただくのは、全国各地で観光事業や伝統工芸のプロデュース・PRなどを10年以上行ってきた松本慕美さん。 2020年には、塩尻市木曽平沢の「大河内家具工房」にて伝統工芸の職人に向けた、人材育成プロジェクトの副業に参加しました。 さらに翌2021年から現在まで「モナミ美容室/イワサ理容室」が企画する、着物ツアーを推進する副業にも参加しています。 本業でも地域の事業に携わりながら、2年連続で塩尻の副業に参加する松本さん。「地域での副業は、ぜひおすすめし

スキ
6