のりしお(乗り出せ! 塩尻関係人口ポータル)

塩尻市でおこなわれているイベントやプロジェクトの情報を1か所でまとめて入手できるポータルサイトです。 市内外の誰でも参加できる、塩尻を「まなぶ」、塩尻に「かかわる」、塩尻で「はたらく」の3カテゴリーに関する情報をご紹介していきます。

のりしお(乗り出せ! 塩尻関係人口ポータル)

塩尻市でおこなわれているイベントやプロジェクトの情報を1か所でまとめて入手できるポータルサイトです。 市内外の誰でも参加できる、塩尻を「まなぶ」、塩尻に「かかわる」、塩尻で「はたらく」の3カテゴリーに関する情報をご紹介していきます。

リンク

マガジン

メディア掲載

これまでのメディア掲載実績を挙げさせていただきます。

すべて見る

個人も企業も幸せにする「地方副業」という選択肢:DIGITALISTに掲載いただきました

地方副業のマッチングについて、インタビューを掲載いただきました。 詳細はこちらからご覧ください:

スキ
2

「副業」容認しますか?:パーソル総合研究所HITO REPORTに掲載いただきました

特別号 HITO REPORT vol.12(2022年3月発刊)「副業」容認しますか?~本業への影響、人事の本音、先進事例などから是非を考える~にて、塩尻市の事例をとりあげていただきました。 詳細はこちらからご覧ください: (全文PDF P17 地方副業『ローカルビジネスならではの手ごたえ 50代以降のキャリアの選択』) 関連情報▼「塩尻市・関係人口創出事業」 副業人材募集記事

スキ
6

 “複業”で地域の活性化を:NHK長野放送局様で特集いただきました

副業人材の力を借りて地域中小企業等の課題解決を支援する「#複活」(主催:関東経済産業局、受託・企画運営:株式会社パソナJOB HUB)における塩尻市の取り組みを、NHK長野放送局様に特集いただきました。 ▼放送はこちらからご覧ください。 ▼Web記事も掲載いただきました。 関連情報▼NUMACCIホームページ: ▼”複業”でかかわった関係人口インタビュー記事:

スキ
8

塩尻観光センター売店リバイバルプロジェクト:市民タイムスWEB様へ掲載頂きました

副業×リモート×3カ月で地域外のプロフェショナル人材に地域課題解決に伴走いただく「塩尻市・関係人口創出事業」の一環として行われた取組みを市民タイムスWEB様に掲載いただきました。 詳細はぜひこちらからご覧ください。

スキ
3

まなぶ

塩尻市では、地域創生について学んだり、地域課題の解決を考えたりする、さまざまなイベントやセミナーなどを開催しています。スキルアップを図れる上、塩尻のことをより深く知ることができます。オンラインで参加できるものも多いので、ぜひのぞいてみてください。

すべて見る

【2023年3月4日開催!】\自分事として地域に関わる/塩尻CxO Lab活動報告&次年度の構想発表イベント

こんにちは、のりしお編集部・上田です。 地域の課題に向き合う地域プレイヤーと地域外人材が協働し、課題の解決や地域の魅力の再発見に取り組むコミュニティ「塩尻CxOLab」がスタートしてから3年間が経過しました。 第3シーズンとなった今期も、6名の地域プレーヤー、22名のコミュニティメンバー、6名の副業人材の方々が協働し、様々な化学変化が生まれてきています。 来る3月4日(土)、「塩尻CxO Lab」の活動の振り返りと、次年度に向けた構想発表を兼ねた総まとめイベントを開催し

スキ
1

EV型自動運転バスを体験してみませんか?\塩尻市一般公道での実証実験開催中!/

こんにちは、のりしお編集部です。 都会では5分に1本電車が、1時間に数本バスが走っており、自動車を使わなくても行きたい所に行きたい時間に行ける交通網が整っています。 一方で塩尻市のような地方では、電車だと1時間に数本や路線によっては2時間に1本、バスだと民間のバス会社は存在せず、行政が1日数本のバスを運営するような状況が一般的です。 塩尻市は、暮らしがより便利になる公共交通を目指し、2020年度から自動運転車両やAI 活用型オンデマンドバス(のるーと)などの実証実験を行っ

スキ
3

「塩尻の一番の魅力は人。」塩尻での起業と、まちづくりへの想い ~塩尻耕人が久々にアップデートされました!~

こんにちは、のりしお編集部です。 鋤で田畑の土を返すようにこつこつと、このまちの人の暮らしや社会を豊かにしたいと活動する。 そんな人たちを「未来を耕すヒト=塩尻耕人(しおじりこうじん)」と呼び、活動をご紹介するメディアが再始動します! 今回ご登場いただいたのは、縁もゆかりもない塩尻で会社を立ち上げ、今では”恩返ししたい”という想いから、商店街の一大イベント「ハッピーハロウィーンinしおじり」の実行委員長として運営にも奔走する、株式会社オフィスP’dj代表の吉村和道さんです

スキ
5

都会から塩尻に人が集まる!?〜塩尻生まれ塩尻育ちのちいによる怪奇現象の解明潜入調査〜 塩尻CxO Lab現地フィールドワークvol.4~大門エリア~

こんにちは、のりしお編集部です。 お待たせしました!2022年10月1日~2日に行われた関係人口コミュニティ「塩尻CxO Lab」の現地フィールドワーク第四弾のレポートです! フィールドワークでは、「現地を訪れ、そこで活躍する地域プレーヤーと接することで地域の魅力や課題(=関わりしろ)を発見する」ことを目的に、伝統工芸・市内中心エリア活性化・空き家利活用・農業の4つのテーマを設け、数名のグループに分かれて市内各地を訪れました。 今回は、塩尻生まれ塩尻育ちの助っ人ライターち

スキ
6

今月のピックアップ

編集部が気になった1カ月のニュースや、noteに載せきれなかったイベントをTwitterからピックアップしてご紹介します。

すべて見る

2023年1月 のりしお的今月のピックアップ

こんにちは、のりしお編集部です。 極寒の季節がやってきました>< 塩尻の冬は積雪はほとんどありませんが、朝晩は気温がマイナス10℃まで下がることも! ついつい引きこもりがちになってしまうこの時期ですが、冷たい空気のなか青空にそびえるアルプスの姿が最も美しい季節です。 のりしお的今月のピックアップ」では、今月1カ月の編集部が気になったニュースや、noteに載せきれなかったイベントをTwitterからピックアップしてご紹介します! アイマニでジビエづくしDay!塩尻エキナカ

スキ
2

2022年12月 のりしお的今月のピックアップ

こんにちは、のりしお編集部です。 今年もあと残りわずかとなりました。 2022年2月にこの「のりしお」をスタートし、試行錯誤を続けながらもここまで続けてくることができました。執筆を手伝ってくれたみなさん、記事を読んでくださったみなさんに感謝です。 来年はもっとパワーアップしていきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いします! のりしお的今月のピックアップ」では、今月1カ月の編集部が気になったニュースや、noteに載せきれなかったイベントをTwitterからピックアップ

スキ
8

2022年11月 のりしお的今月のピックアップ

こんにちは、のりしお編集部です。 秋真っ盛り、を写し撮った一枚をカバー写真に使わせていただきました。 今年の秋は晴天に恵まれ、街のあちこちで素晴らしい紅葉が楽しめました。 そしてこれから、いよいよ冬がやってきます・・・>< 「のりしお的今月のピックアップ」では、今月1カ月の編集部が気になったニュースや、noteに載せきれなかったイベントをTwitterからピックアップしてご紹介します! 紅葉さいこーほんとさいこー 大門商店街の名所行列ができる大門商店街の名店。まだ行っ

スキ
10

2022年10月 のりしお的今月のピックアップ

こんにちは、のりしお編集部です。 稲刈りも終わり、紅葉で彩られた木々が美しい季節になりました。寒さが本格化するまであとわずか、束の間の秋を楽しみたいと思います! 「のりしお的今月のピックアップ」では、今月1カ月の編集部が気になったニュースや、noteに載せきれなかったイベントをTwitterからピックアップしてご紹介します! 塩尻駅前にワインテラス出現!駅中でワインが楽しめるCAFE&BAR”アイマニ”が新しく仕掛ける駅前ワインテラス。10月の週末のみ期間限定でオープン

スキ
4

かかわる

「何か地域に関わってみたい」という方にピッタリのイベントや、コミュニティが、塩尻市にはいくつかあります。まずは気軽に関わってみてはいかがですか?

すべて見る

【2023年2月5日(日)@塩尻市えんぱーく】長野県の学生が多様な生き方とつながるフェア開催!\クラファンも募集中/

こんにちは、のりしお編集部・上田です。 「長野県の学生の「人生の選択肢」を増やしたい」 長野県長和町の地域おこし協力隊として活動する地域プレーヤー・上野琉花ちゃんの想いが、ついにカタチになりました! 塩尻市のえんぱーくにて、長野県内の大学生を対象とした「地域でワクワクとはたらく多様な生き方・働き方」と出会い、「自分はどう生きようか!」を考えるフェアが開催されます。 塩尻や長野県内の経営者、起業家、フリーランスで働く方々・・・たくさんの豪華すぎる、面白すぎる大人たちをゲ

スキ
4

【2023年1月13日(金)NEW OPEN】「表札とクラフト&古道具の店」@ミミー商店 

こんにちは、のりしお編集部です。 のりしおでも何度か紹介している、塩尻中心市街地・大門商店街の古い空き家をリノベーションした素適なスペース「ミミー商店」が、この度「表札とクラフト&古道具の店」として生まれ変わります! 「商い人と人々がゆるやかに繋がる場所をつくりたい」 表札・看板職人である店主ひろさんが、そんな想いで2020年にスタートしたミミー商店は、オープンから現在まで約60回のイベントが開催され、出店者とお客さんで賑わう大門商店街の名所の一つとなっています。 この

スキ
1

【2023年1月14日(土)】\シェアハウス創るよ!/改修直前片付け&作戦会議

みなさん、明けましておめでとうございます、のりしお編集部・上田です。新年初回となるイベントのお知らせです! 「”空き家”という地域課題に対して、とりあえず地域と関係人口のみんなでアクションしてみよう!」 空き家バンク&NPO法人MEGURUのメンバー・たつみかずきさんの掛け声で一昨年からはじまった塩尻市街地・大門の元ギフトショップ「ハリカ」の片付けプロジェクト。 これまで、100名近くの方に参加いただき、二棟から成る巨大な建物の片づけを行い、活用の道を模索してきました。

スキ
5

都会から塩尻に人が集まる!?〜塩尻生まれ塩尻育ちのちいによる怪奇現象の解明潜入調査〜 塩尻CxO Lab現地フィールドワークvol.4~大門エリア~

こんにちは、のりしお編集部です。 お待たせしました!2022年10月1日~2日に行われた関係人口コミュニティ「塩尻CxO Lab」の現地フィールドワーク第四弾のレポートです! フィールドワークでは、「現地を訪れ、そこで活躍する地域プレーヤーと接することで地域の魅力や課題(=関わりしろ)を発見する」ことを目的に、伝統工芸・市内中心エリア活性化・空き家利活用・農業の4つのテーマを設け、数名のグループに分かれて市内各地を訪れました。 今回は、塩尻生まれ塩尻育ちの助っ人ライターち

スキ
6

のりしおな人

塩尻で活躍する人、塩尻に住んでいないけれども、関係人口として塩尻で活動している人をクローズアップします。

すべて見る

“できない”と声をあげることで人材がつながる。3年間参加して感じた塩尻カルチャー

愛知県庁に勤める山肥田徳文さんには「塩尻CxO Lab」に3年連続でご参加いただいています。塩尻にまつわるイベントへの参加率も高く、関係人口のベテランと言っても過言ではありません。今年は塩尻で行う新しいスポーツ大会を企画すべく、ご参加いただいています。 3年前に初めて参加したキッカケは「副業・兼業人材を活用する仕組みが気になったから」。2026年に愛知・名古屋で開催する「アジア競技大会」などで、その仕組みを活用できるかもしれないと考えたそうです。 参加する中で感じたのは「

スキ
11

「純粋に応援したい」気持ちが原動力。“お客さん"ではない立場で、地域の企画を続けていくおもしろさ。

2020年末から2021年始めにかけて、塩尻市の木曽漆器工房を支援するクラウドファンディング「コロナで大打撃!食卓を豊かにする伝統木曽漆器を応援させて!」がおこなわれました。 コロナ禍で大きく売上が減り、伝統の担い手である職人の雇用が危ぶまれるほど窮地に立たされた工房のために、山口有里さんを中心とする「グロービス地域活性化クラブ」によって、漆器を購入できるクラファン企画が立ち上がりました。 「伝統工芸品を使うことがいちばんの応援になる!と考えて、短期的にも支えることができ

スキ
11

巻き込まれることを楽しんだ塩尻滞在。考える環境におかれて見えてきた、地域でやりたいこと。

クラウドファンディングを通して2022年3月に書籍「いっぽ」を出版した、東京大学在学中の早川芽生さん(以下、めいちゃん)。「“まちづくり”とはなんだろう?」という疑問から塩尻に辿り着き、滞在4ヶ月間の出会いや感じたことをまとめた体験記です。 「塩尻では、楽しくいろんなことに巻き込まれて、“体験のわらしべ長者”のような体験ができました。塩尻は、これからの人生でも迷った時に帰ってきたい場所です。」と話します。 現在は休学して、全国各地で“体験のわらしべ長者”をしているめいちゃ

スキ
12

塩尻で感じた「アジャイルさ」が新しかった。海外から参加したデザインリサーチ

塩尻は、ANAが手がけるアーティスト・イン・レジデンス(アーティストが滞在しながら作品を作るプログラム)の舞台に2020年度より選ばれています。アーティストが塩尻に一定期間滞在し、塩尻の文化や歴史、市民との交流などによって得られたインスピレーションをもとに、リサーチ活動や制作活動を行います。 2021年度、塩尻アーティスト・イン・レジデンス実行委員会において、アーティスト・イン・レジデンス(以下AIR)を持続させることを目指し、副業人材としてアートディレクターを募集。参加し

スキ
8