マガジンのカバー画像

まなぶ

28
塩尻市では、地域創生について学んだり、地域課題の解決を考えたりする、さまざまなイベントやセミナーなどを開催しています。スキルアップを図れる上、塩尻のことをより深く知ることができま… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

モノが売れること、モノを買うことについて考える(後編)‖大都会の百貨店よりど田舎の倉庫のが売り上げがいい理由#22_14

結論=モノが売れない!という時代にぼくたちはどうやってモノ売りをするのか?についての話を思いがけず二記事に分けて書いてみた。の後編です。 前編では「好奇心か必要性のどちからでしか動かない」=購買行動に繋がらないよね。じゃあ売り手ってどうするといいんだろうね?っていう話を後半では書いていこうかなぁと。 ↑最近はぼく自身が百貨店での出店をする中で「思ったより売れない!!」という課題の渦中にいるのです。笑 それに対してど田舎長野県奈良井宿のぼくたちの拠点である倉庫ではそこそこ

スキ
12

モノが売れること、モノを買うことについて考える(前編)‖好奇心か必要性のどちからでしか動かない#22_13

結論=モノが売れない!という時代にぼくたちはどうやってモノ売りをするのか?についての話をします。モノ売りを生業の一つとして実践している実体験を基に考察しておりますが、核心に触れているかどうかは、、不明です!笑 あらやだ奥さん。最近はモノが全然売れないって言うじゃない知ってる人も知らない人も、ここで逢ったが何かのご縁。知らぬなら知ってもらおう、たつみです。ぼくは長野県塩尻市の誰も知らないような宿場町の古旅館でシェアハウスを運営しております。空き家を再生して利活用する、といった

スキ
7

塩尻アーティスト・イン・レジデンス特集マガジンができました!

こんにちは、のりしお編集部です。 アーティスト・イン・レジデンス(以下、AIR)は、アーティストが一定期間ある地域に滞在し、その土地の文化や歴史に触れたり、現地の人々と交流しながら制作活動やリサーチ活動を行う取組みです。 塩尻は、ANAによるアートプロジェクトANA meets ART "COM"におけるAIRの舞台に2020年度より選ばれています。 2021年度、塩尻AIR実行委員会は副業人材として2名のアートディレクターを採用し、塩尻AIRの持続可能な体制構築を目指し

スキ
5

【2022年9月1日(木)説明会開催】塩尻で新たなキャリア「複業」に一歩踏み出してみませんか?

こんにちは、のりしお編集部・上田です。 今年も #複活 始まります! #複活は、今年で4年目を迎える経済産業省 関東経済産業局主催の地域複業マッチングプロジェクトです。 塩尻はこれまで4年連続で参加しており、約25社の企業と40名の複業人材のマッチングが行われてきました。 #複活は、単なる業務委託マッチングではなく、経営者のビジョンや企業の課題に触れて、自身が出来ることを考え提案していくプロセスが特徴です。経営者に共感し、会社の業務ではなく個人として応援し、自分のバリュ

スキ
3

8/27に、誰でも参加できるスナバ4周年イベント「もっと知りたい」を開催します

こんにちは!スナバ運営チームのエリーです。 早いもので、2018年8月3日に産声をあげた「スナバ」も4周年を迎えました!いつもスナバを暖かく見守っていただいているみなさま、本当にありがとうございます。 スナバはちょうど先日、スナバの新しいビジョンが見えたところ。(その記事は下のリンクから) そんなタイミングでの4周年、新しいビジョン「生きたいまちを共に創る。」を前に、運営チームは「生きたいまちを共に創るって言ってる人たちの4周年ってなんだ?……少なくとも、メンバーさんと

スキ
4

塩尻CxO Lab第3シーズン始動!~仕様書作成WS開催後記~

こんにちは、のりしお編集部・上田です。 「塩尻CxO Lab」の第3シーズンがいよいよスタートしました! 「塩尻CxO Lab」は、地域の担い手となるプレーヤーと地域外の関係人口が共同で地域課題解決を目指すオンラインコミュニティです。「学ぶ」「育む」「実践」の3ステップで、自分事として地域に関わるマインドとスキルを身に付けていく6カ月のプログラムとなっています。 2022年7月30日、シーズン1回目となるイベント「仕様書作成ワークショップ」が開催されました。 今回は初の現

スキ
7

【2022年7月27日オンライン開催!】会社員×地域おこし協力隊という働き方~当事者として地域に関わる意義とは?~

こんにちは、のりしお編集部・上田です。 都会に住みながら、「地域に関わりたい」「自分のスキルを活かして思い入れのある地域を支援したい」という想いをもつ人が増えています。 さらには、自分自身のキャリアや生き方を見直し、中長期的に深く地域に関わっていく生き方を選ぶ方も出てきています。 地域への関わり方が多様化するなか、改めて地域に関わる「意義」や地域での活動から個人の「キャリア自律」について考えるオンラインイベントが開催されます。 登壇するのは、会社員を続けながら塩尻市に拠

スキ
3

【2022年7月11~15日毎日開催中!】地域プレーヤーと考える、事業課題への向き合い方

こんにちは、のりしお編集部・上田です。 「塩尻CxO Lab」は、2020年に始まった、塩尻市の地域プレイヤーと関係人口が協働で地域の課題解決や魅力の再発見を行うオンラインコミュニティです。 当事者として地域課題解決に一歩踏み出してみたい、塩尻の魅力を高めたいと願うメンバーが集い、「学ぶ」「育む」「実践」の3ステップを6カ月間のプログラムの中で取り組んでいきます。 そんな塩尻CxO Labの、第3シーズンが7月末より開幕! 開幕にあたり、今期のプログラムにご参加いただく地

スキ
1

【地域プレイヤーインタビュー】どん底だった保育士が会社を立ち上げ、保育業界をアップデートする

こんにちは、のりしお編集部・上田です。 塩尻市の関係人口オンラインコミュニティ「塩尻CxO Lab」の第3シーズンがいよいよ開幕します。 今回は、2022年の塩尻CxOLabに地域プレーヤーとして参加される降旗 紗希さんをご紹介します。 降旗さんは、公立の保育園に勤務したのち、フリーランスの保育士に転身。ベビーシッターとして仕事をしながら、昨年には「長野の訪問保育キッズハピリエ」を立ち上げました。 ママも子どもも保育士も笑顔でいられる新しい保育のカタチを目指して、多業種

スキ
13

【地域プレーヤーインタビュー】売木村と都市をつなぐ ”仕事と暮らしの拠点" づくり

こんにちは、のりしお編集部・上田です。 塩尻市の関係人口オンラインコミュニティ「塩尻CxO Lab」の第3シーズンがいよいよ開幕します。 今回は、2022年の塩尻CxOLabに地域プレイヤーとして参加される赤土さんと駒井さんをご紹介します。 赤土さんと駒井さんは、長野県売木村で、築100年超の建物をリノベーションして地域の拠点をつくるプロジェクトに取り組んでおられます。 インタビューでは、お二人のプロジェクトへの想いや意気込みを語っていただきました! ーーまず始めに、

スキ
3

【地域プレイヤーインタビュー】塩尻の地域資源を活用した地域に愛されるスポーツイベント企画

こんにちは、のりしお編集部・上田です。 塩尻市の関係人口オンラインコミュニティ「塩尻CxO Lab」の第3シーズンがいよいよ開幕します。 今回は、2022年の塩尻CxOLabに地域プレーヤーとして参加される長島 峰行さんをご紹介します。 長島さんは、塩尻市の社会教育スポーツ課で、市内のスポーツイベントや体育施設などの運営管理、その他スポーツ振興に関わる仕事をされています。 長島さんが、なぜ今回地域プレーヤーとしてこのプロジェクトに参加されようと思ったのか、何を実現してい

スキ
5

4周年を迎えるスナバの決意。新たなビジョンと共に、「シビック・イノベーションの中心地」を目指します。

“なんとかするのは、わたし”  “わたしが、〇〇をなんとかしたい”  いきなり何を言い出すんだろう?と思うかもしれませんが、この一言は、私たちスナバコミュニティを表現する上で、私たちが大事にする価値観を断片的に表しています。 シビック・イノベーション拠点「スナバ」に集まる人たちは、起業家、フリーランス、会社経営者、会社員、アーティスト、行政職員、小中高生など、さまざまな職種、年代の人たちです。彼らの共通点は、これからの社会で何かを起こす人たちであること。目の前の課題を解決

スキ
16

【地域プレーヤーインタビュー】日本ワインのファンを増やすAIコンシェルジュサービスの構築

こんにちは、のりしお編集部・保延です。 塩尻市の関係人口オンラインコミュニティ「塩尻CxO Lab」の第3シーズンがいよいよ開幕します。 本日は2022年のCxOLabに地域プレイヤーとして参加される依田さんについて紹介をしたいと思います。 依田さんがどんな想いやきっかけでプロジェクトに取り組まれているのか、インタビューを通じて迫っていきます! ーーまず初めにWine to meet youについておしえてください。ざっくり言ってしまえば、長野県産のワイン消費量を伸ば

スキ
8

【地域プレーヤーインタビュー】長和町で好きを生業につなげるカルチャー拠点の開設

こんにちは、のりしお編集部・保延です。 本日は2022年のCxOLabに地域プレイヤーとして参加される上野さんについて紹介をしていきます。 上野さんがどんな想いやきっかけでプロジェクトに取り組まれているのか、インタビューを通じて迫っていきたいと思います! ーーまず初めに上野さんが立ち上げたプロジェクトについておしえてください。このプロジェクトは、「好きなことを誰かの価値に変える場」と「様々な人が混ざり合って、文化を醸成する場」という2つの要素を持ち合わせた場所づくりプロ

スキ
8