マガジンのカバー画像

塩尻アーティスト・イン・レジデンス特集

14
ANAによるアートプロジェクトANA meets ART "COM"の一環として、2020年より行われている塩尻アーティスト・イン・レジデンス(塩尻AIR)。この特集記事では、2… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

地域で得られたインスピレーションをアートに込めて。感謝を伝える個展を開催

2020年〜2021年、アーティストが塩尻市に滞在した「塩尻アーティスト・イン・レジデンス」。AN…

初めてのアートリサーチ/塩尻アーティスト・イン・レジデンス(長野県塩尻市)〜後編…

2021年10月から2022年2月にかけて、副業人材として初めてアーティスト・イン・レジデンスのリ…

__
1年前
8

初めてのアートリサーチ/塩尻アーティスト・イン・レジデンス(長野県塩尻市)〜前編…

2021年10月から2022年2月にかけて、副業人材として初めてアーティスト・イン・レジデンスのリ…

__
1年前
9

塩尻アーティスト・イン・レジデンス特集マガジンができました!

こんにちは、のりしお編集部です。 アーティスト・イン・レジデンス(以下、AIR)は、アーテ…

塩尻で感じた「アジャイルさ」が新しかった。海外から参加したデザインリサーチ

塩尻は、ANAが手がけるアーティスト・イン・レジデンス(アーティストが滞在しながら作品を作…

”外の人”と協働することで、想定していたよりずっと遠くまで行けることもある~持続…

こんにちは。のりしお編集部です。 地方では、地域課題の複雑化とその解決を担う人材の不足が…

塩尻は、どのくらいの関係性の場所に飛び込みたいか、その温度感が選べるまち

2020年に地域おこし協力隊として着任後、木曽平沢を拠点に活動している近藤沙紀さんは、初年度は塩尻アーティスト・イン・レジデンスの実行委員でもあった。 オーハラユーコさんのレジデンス先となり、アーティストと木曽平沢の人々との交流を見つめるなかで、これからのアーティスト・イン・レジデンスに期待することを聞いた。 (近藤さん)プロジェクトに関わり始めたのは、2020年8月くらいだったと思います。 スナバのメンバーである岩佐岳仙さんを中心に、北小野地区や木曽平沢地区といった各拠点

文化をつくっている自覚もなく交わされる、なんてことのない立ち話ひとつから文化がで…

自然に近い場所を希望して、重要伝統的建築物群保存地区である木曽平沢を中心に滞在したオーハ…

自然の営みを感じられる感性を育てながら作物を育てて、それを売る — 自給の生活って…

北小野にある「こめはなや」を営む小澤なおこさん。 薪ストーブがパチパチという音をたててい…

光が集る場所

2021年12月『人生』という音楽をリリースした、ミュージシャンの夏目知幸さん。 アーテ…

考古ボーイの原風景

塩尻市平出博物館の館長である小松学さん。 子供のころに身近にあった塩尻の環境、そしてそれ…

なぜ人間はいきもののようなかたちをつくるのか

東京の浅草育ちの箕浦建太郎さん。 いきもののように見えるモチーフの絵を描き続けてきた。 彼…

滞在先で感じたことを塩尻の暮らしの中で温める

映画の原型と云われる「キノーラ」を表現方法の中心に、絵画などの作品をつくる蓮沼昌宏さんは…

アーティストと触れて気づいた、作品づくりだけではないアートの定義

スナバが主催する高校生企業プログラム「エヌイチ道場」に参加していた松本市の高校生、廣瀬亘さんと東本遥大さん。 やりたい事業を考えるなかで「アート」「アーティスト」などのキーワードが出てきたため、塩尻アーティスト・イン・レジデンスの参加アーティストである蓮沼昌宏さんと、音楽家・作曲家の佐藤公哉さんの対談イベントにも誘われたそう。 アートを生業にする人々と初めて出会った高校生ふたりは、なにを感じたのか。 (東本さん)高校生になって、ふたりでなにかしたいねと話していたときに、たま